高濃度って何?仙寿の水はただの水素水じゃなかった!


この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

仙寿の水はただの水素水がただの水素水と違ってすごいところがあります。

それは、水素の濃度が濃い「高濃度水素水」だという事です。

「水素に濃いとか薄いとかあるの?」と私も思いましたが、実はあるんですね~。水素水はものによって溶けている水素量以外にも濃度があるんです。

なので同じ1.6ppmの水素が溶けていても、効果が全然変わってくるんです。

それでは仙寿の水はどうやって高濃度水素水を作っているんでしょうか。

水素をさらに小さく分解!

元素の中でも最も小さい水素ですが、その水素を特殊技術でさらに細かく分解することにより、水素の一粒一粒の大きさを小さくすることに成功したのが仙寿の水です。

ただでさえ小さい水素がさらに小さくなっていることで、飲んだ後に身体のすみずみまで浸透してくれる効果が期待できるんだとか。

せっかくの水素水でも飲んで身体の末端まで届いてくれないとあまり意味がありません。水素をマイクロナノバブルと言われるレベルまで細かくすることで普通の水素水の何倍も速く体の隅々までしっかりと水素が届き、活性酸素を除去してくれます。

だから仙寿の水はほかの水素水と比べたときに、しっかりと効果の実感があるんでしょうね。

私はほかの水素水も飲んだことがありますが、仙寿の水がほかの水素水と比べてすごかったのが、次の日の朝の寝起きが違うことです。

私の仕事は朝が早いため、慢性的な寝不足のような状態で長年目の下のクマに悩んでいたんですが、仙寿の水を3日も飲むと、クマが綺麗になくなってくれたんです。

寒い冬でもスっと起きることができるし、「ああ、やっぱり違うな」というのがリアルな感想です。

若返り効果もほかの水素よりも期待できるかも?

水素水を飲むからには何か目的があって飲むんだとは思うんですが、私は若返り効果を期待しています。

アンチエイジング効果ってやつですね。疲れて仕事から帰ってきた後に鏡をのぞくとやまんばみたいな怖い顔した自分がいて、それで水素水を飲むことを決意した次第です。

やっぱりただの水素よりも高濃度の水素のほうが効果が早いんじゃないかなって勝手に思ってたんですが、実際その考えに間違いはなかったようで、飲み始めてまだそんなに経っていませんがかなり効果を実感しています。

大は小を兼ねるって言葉もありますからね!若返りのためにもただの濃度の水素水よりも高濃度の水素水のほうがいいに決まってるし、普通の水素バブルよりも、マイクロナノバブルのほうが浸透力も期待できるにきまってます。

せっかく買うならあなたも高濃度の仙寿の水を選んでみてくださいね。