それ、大丈夫?水素水を買っても水素が抜けてしまってたら意味がない!


この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

水素水を買う時に注意しないといけないことは実は結構あるんです。

その一つが「水素がちゃんと入っているか」という事。

「えっ?水素水を買って水素が入っていないことなんてあるの?」と思われるかもしれませんが、コレ実は結構あるんです。

容器が悪いと水素は抜ける!

少し御幣がありますね。容器が悪いというか容器の種類によっては水素が抜けてしまうんです。

例えばペットボトルです。ペットボトルの容器の商品は工場で作ってから1日もすると水素が全て抜けてしまっているので気をつけてください。

できれば金属の容器かアルミのパウチがいいのですが、アルミのパウチもそれだけでは水素が抜けてしまうんだそうです。

何しろ水素は全ての元素の中でも一番小さい物質です。だから、容器を構成している物質の隙間を通って抜けてしまうんですね。

どうやら水素水はすごく扱いの難しいもののようです。中身だけではなくて容器にも工夫が必要という事なんです。

仙寿の水は容器が凄い!

仙寿の水の容器はアルミパウチなのですが、実はただのアルミパウチではありません。

中の水素が逃げないように、4層構造になっているんです。

すごくないですか?アルミ容器が4層のミルフィーユみたいになっているんですよ?ミルフィーユという表現はあまりピンときませんでしたね。

寒い日に重ね着で何枚も洋服を着て、服の中の暖かい空気を外に逃がさないみたいなイメージでしょうか。

とにかくこれによって仙寿の水はほかの水素水とは一線を画しています。信頼に裏付けされた技術力で開発費用をかけて作られたものでしょうから、そんじょそこらの小さな会社には簡単にマネができなさそうです。

これも全て効果の実感を求めてのことだと思います。手元に届いて飲んだたときに、最大の量で水素を体に取り入れることができるから、思ったような効果の実感があるのでしょうね。

金属のボトルに入っている水素水はゴミがたくさん出るのであまり環境にいいとは言えないですし、私の住んでいる地域はゴミを出すのに有料のゴミ券がいるのでゴミがたくさん出るとゴミ捨ての金額だけでもバカになりません。

なので、飲んだ後には小さく潰して捨てることができる健康家族の仙寿の水はかなり重宝しています。

あなたも水素水を購入するならばその水素水がちゃんと手元に届いた時にしっかりと水素が保たれているのかどうかを調べましょう。

せっかく健康や美容のために水素水を購入して飲んでも、全く効果がなかった悲しいですからね。

特に薬局やドラッグストアで購入できる商品というのは原価を下げるために容器にまでこだわって作られている商品は少ないように感じます。迷ったら仙寿の水を選んでおけば間違いないですよ!